右足の親指の爪が白と黄色が混ざったような色になってボロボロに・・・

ちょっと気になっていることがあるんです。

私の右足の親指の爪がちょっと変なんです、、、

爪が白と黄色が混ざったような色になって、爪を切ろうとすると、ボロボロ崩れてしまう・・・

何これ!?

ネットで調べてみると、どうやら爪水虫なるものらしい。

えーっ!この私が、み、水虫~!?

なんで、爪水虫なんかになったんだろう?もう、完全に意味不明です。

どこかで、移されたんだろう?

プール?それとも、日帰り温泉?それとも、お父さんの水虫がうつった?

と原因を究明しても仕方ないので、治し方を調べることに。

一般的には、皮膚科に行って、イトリゾールという内服液を飲むらしい。だけど、この方法は欠点があって肝機能障害を起こしかねないくらい強烈な副作用があるみたい。

なので、肝機能の検査をしながら治療をするので、結構費用もかかるみたい。最低数万円以上。ちょっと金欠気味の私には、つらい金額だったんですね。

最終的に、私が決めたのは、イトリゾール 効かないっていうサイトで紹介されていた方法。

販売サイトはかなり怪しいホームページだったのですが、全額返金保証がついていたので、リスクがないのだから、と自分に言い聞かせて購入しました。

いいですよ、コレ!今のところ順調に爪がだんだん透明になってきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です